美味しいモノや楽しいコトだけで生きていけたらサイコーなひとり言満載ブログ。
2017.05    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03.01.2007
comment:0
trackback:0
筋肉痛。
>> 日記
昨日の疲れで…起きれねぇ。
や、午前中にはちゃんと起きて。
お昼ご飯は食べたんす~…。
それに駅伝も観てたし(笑)。
城西大学のアンカーの福岡君。おしかったねん~。
11位は、立派です。シードになれなかったってゴールしてから謝っていたけど。
12位でスタートして1人はぬいてるんだから。
謝ることはなんもないと思うよん。

30日に『デスノート』を観てきたんだけど。
面白かったです。『前編』よりもリュークのバージョンがあがってたよーな(笑)。
や、『前編』を映画で観た友達はスクリーンで観るモノではないっと厳しいことを言ってたので。
私は『前編』をTVで観て、なかなかいいじゃ~ンッて思ったんだけどねん(笑)。
『後編』は原作と違う終わり方って話だったんだけど。
っていうか、もぅすぐ映画も終わっちゃうから…ネタばれしてもいいかなぁ。

それから・…。
元旦から『硫黄島からの手紙』も観てきました。
コレは友達が観たい~っと。
私は・…あんまり戦争映画は好きじゃないので。
観ないよーにしてるんだけど…。
つい勢いで「観る」と言ってしまった・…。
えぇ…始まってすぐに後悔しましたさぁ~。

つーことで…映画の感想は…続きから。
興味のある人だけど~ぞ。

『デスノート』から。
原作と違う終わり方は…。
『L』は竜崎1人だったことと。
レムが自分のデスノートに名前書いて殺しちゃうのが『ワタリ』だったこと。
多少登場人物の行動が違ってたという細かいことは置いといて(笑)。

ミサからデスノートをこっそりと奪った竜崎は自らデスノートに。
デスノートのルールを利用して。
自分の名前と「23日後」に死ぬと。
1度書かれたモノの変更はきかないから。
レムがミサを助けよーと竜崎の名前を書いても死なない。
竜崎が死んだので勝ったと安心したキラの…。
ちょっとした行動のミスをつくため。
Lも自らの命をかけたと…。

そして・・キラの最期は・…原作と同じで。
リュークのデスノートに・…。

キラ役の藤原君はめっちゃ芝居が上手い~って思いました。
原作のキラそのもので(笑)。
ミサミサも可愛かったし。
なんと言ってもエルの甘い物好きには~すごぃのひと言で(笑)。
チョコレートの食べ方も。
角砂糖を口いっぱいに入れてから飲む紅茶も。
お団子を自分で串に刺して食べる巨大みたらし団子も。
黒蜜たっぶり~のわらびモチも。
ある意味、お見事でしたぁ~(爆)。

むっちゃ面白かった。
観たいなぁ~って思う人は急いだほうがよいです(笑)。


『硫黄島からの手紙』
私は…『父親達の星条旗』は観てないっす。
ほんとうならちゃんとそれから観るべきだったかも知んないけど…。
戦争映画は嫌いなので。
でも…観てしまったのよん~(笑)。

重い…。ほんと…重い…。
お正月から観る映画では…。
少なくとも私の考えには…ないです(笑)。

血とか肉とか飛び散ったりするので。
全体的にカラーのトーンを暗くっていうか。鮮やかにはしてないです。
だから…モノトーンな感じで…顔色はみんな悪い>ぇ。
や、ソコじゃないだろ!ってツッコミが聞こえたところで(爆)。



「渡辺謙は、賢く想像力に富み、常に先を見越した温和な栗林を美しく繊細に演じている。破滅の運命をたどる中で、彼が見せる落ち着きの表情は素晴らしい。
伊原剛志は地獄のような状況下でも尚、自身のスタイルを変えないような好人物として描かれており、それに対して二宮和也は単純で直情的な、親しみやすい兵士を生き生きと演じている。」って外国の雑誌で紹介されてしました。


私は、映画を観てよく泣くので。
どんなに号泣してても友達はいつものことねん~って感じで流してるけど。
今回は友達も泣いてました。
キーワードになってる…愛する人たちからや人たちへの『手紙』。
伊原さんが捕虜にしたアメリカ兵のサムと話をして。
サムが心を開いた次の日に死んでしまうんだけど。
そのサムが握りしめてたお母さんからの手紙をみんなに読んで聞かせるシーンで。
アメリカ人でも日本人でも関係なく、自分の息子を戦争に送り出さなければいけなかった母親の気持ちはみんないっしょ。みんな同じ人間って。
兵士たちの心にズン!って響いてるのか解って…。
今、自分達がやってる戦争って言うのはどんな意味があるんだろ~っと。

日本人のプライド?死ぬことが国のため?天皇陛下バンザイ?
ワケ解んない~っていうか、アリエナイ。
一兵士がつく上官の考え1つで。
その人の生死が決まってしまうなんて…ほんとアリエナイ。

最後は自分本位な固定観念の塊みたいな上官役の中村獅童と。
元々はパン屋さんだった二宮君の2人だけが生き残るんだけど。
興味のある人は…観てみてちょ。
   
   


 内緒にする
http://katsumirip.blog71.fc2.com/tb.php/122-19049a4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。